松本潤・有村架純主演映画は予告動画でもう泣ける「ナラタージュ」撮影は富山のどこ?目撃情報多数!

最近の投稿
Pocket

松本潤・有村架純主演映画「ナラタージュ」は2017年10月7日公開です。今回の映画の撮影は富山で行われたそうです。

予告動画だけでも感動的なこの映画について調べてみました。

Sponsored Link

松本潤・有村架純の主演映画は予告動画だけでもう泣ける!

とにかく見てください!

どうでしょう、何度見ても泣けてきます。こんな短い予告だけで映画を半分ぐらい見てしまったかのような気分。切なすぎて苦しくなります・・・

映画のあらすじ

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。
葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。
卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。
二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。
葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる―。

ー公式サイトよりー

切ない禁断ラブストーリーなんですね。

監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」や「春の雪」「ピンクとグレー」の行定薫さんです。

原作は島本理生さんの小説で、2005年2月に発表されました。

「この恋愛小説がすごい!2006年版」第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、2006年「本屋大賞」第6位など数々の賞を受賞してベストセラーとなった小説です。

こんな切ない大人の恋愛小説ですが、執筆当初島本さんは21歳ぐらいなので、それもすごいですね。

松本潤主演ナラタージュ

松潤の映画はこれまで「東京タワー」(2005年)や、「僕は妹に恋をする」(2006年)、「陽だまりの彼女」(2013)などがラブストーリー物ですね。今回の「ナラタージュ」を含め、基本的に不器用だったり、してはいけない恋だったりですね。どれも全く違ったキャラクターですが、どれもぴったりだった気がします。今回の役は、ぶっちゃけクズ男みたいなんですが、松潤だから許せるんでしょうね(笑)

今回はなんといっても松潤ファンにはたまらない、メガネ潤ですね(笑)それを有村架純ちゃんがはずしているシーン!!松潤はキレイなお顔立ちなので、こういうシーンはとても美しい仕上がりになりますねぇ。あんなセクシーな先生がいると学校生活は楽しくてしょうがないですね。

架純ちゃんは映画の役について、「私自身は、正直、この恋愛を正当化することができなかった」「ただ、好きという気持ちには正しい正しくないということはないと思うので、いろんな愛の形があるんだなと感じながら見て頂けたら嬉しいです」とコメントしています。

確かに、好きという気持ちは正しい正しくないというものではないです。好きになるのは自由ですよね。その先のアクション次第でしょうか^^;

二人の愛のカタチがどういうものなのか、映画が楽しみです。

Sponsored Link

「壊れるくらい、あなたが好きでした」

「生に一度の恋。わたしには、あなたでした」

これらのコピーは、切ないぐらいの純愛なんだなぁと思いますが、相手に奥さんがいる人だと知って読むとまたちょっと複雑な気持ちになりますね^^;

撮影は富山のどこで?目撃情報は?

今回の撮影は2016年の7月10日~8月8日まで富山で行われました。

松潤と有村架純ちゃんの出会いの場である高校は、富山県高岡市の伏木高校という公立高校です。その他大学は富山市にある富山大学、氷見市にあるふれあいスポーツセンター(通称:ふれすぽ)、射水市の新庄川橋、坂下町(大仏通り)などなど、あちこちで目撃証言と写真がツイッターで挙げられていました。どこもすごい人だかりだったようですね。そりゃ松潤、架純ちゃん、坂口健太郎なんていたら見に行きますね^^;

ちなみにこのロケ、エキストラ募集が1年ほど前にあってます。募集の時点では誰の何という映画なのかは明かされていませんでした。ほとんどが平日の募集なので仕事をしている人や遠方の人は難しいですが、そんな素敵な映画で、松潤や架純ちゃんと共演できるなんてうらやましいですねぇ。

10月の公開が待ちきれませんね。

それまで公式サイトで、切なく美しい写真と動画を楽しみながら待ちましょう。

公式サイト→http://narratage.com/

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする