太陽フレア発生による影響は?地球滅亡レベルで停電や地震も起きる?

最近の投稿
Pocket

9月7日、太陽の黒点周辺で起こる爆発「太陽フレア」が起きたと発表されました。

この太陽フレア発生による影響が心配されています。

まさか地球滅亡ってことはないと思いますが…?

停電や地震は大丈夫なんでしょうか?

Sponsored Link

太陽フレアとは?

太陽フレアと聞いても、そんなアブナイ雰囲気はありませんが、太陽で発生する爆発現象で、小さいものであれば一日に3回程度起きているような、特別珍しいことではないものです。

ところが、今回発生した太陽フレアは、通常の約1千倍で最大級だそうです。

通常がよくわからないので、その1千倍と言われてもますますわかりませんが^^;

同規模の爆発が最後に観測されたのが、2006年で11年ぶりだそうです。

太陽フレア発生による影響は?地球滅亡レベルで停電や地震も起きる?

太陽フレア発生による影響は?

太陽フレアが発生すると、電気を帯びた微粒子が地球に到達します。

それによって、地球の磁場が乱れてGPSに影響を与えたり、無線が通じにくくなるそうです。

過去にも太陽フレアによる影響は報告されていて、1989年にはカナダで大規模停電が起きています。

2003年には日本の人工衛星が故障したり、普段では見られない低緯度でのオーロラが観測されたりしたようです。

オーロラが観測できるのはうれしいですが^^

人工衛星が故障したら、ミサイル感知できないですよね??

北朝鮮の建国記念日の9月9日がXデーじゃないか!?と言われているこんな時に!?

とも思いますが、北朝鮮にも同じ影響はあるはずなので、逆に大丈夫なのかな?

タイミングが恐ろしすぎますね…

今回の太陽フレアでは人体には影響がないそうですが、電気を帯びた微粒子って、体に悪そうなイメージです…洗濯ものは外に干しても大丈夫かな?^^;

地球滅亡レベルで停電や地震が起きるってホント?

地球滅亡レベルと言われる太陽フレアは、本当にあるようでそれは「スーパーフレア」と言われる、超巨大フレア!

そのレベルになると、真冬を真夏に変えてしまうほどらしく、オゾン層も破壊され、地球上の生命体は絶滅すると言われます。

もう映画の世界ですね。

ただし、このスーパーフレアは過去2000年間一度も起きてないようで、今回ももちろんこんな恐ろしい規模のものではありません!

この太陽フレアによって放出された電気を帯びた微粒子は、9月8日の午後3時ごろから9日の午前0時ごろにかけて地球に到達するようです。

その微粒子で磁場が乱れ、強力な電流が発生すると大規模停電につながる可能性があります

まさに今話題の、北朝鮮の電磁パルス攻撃をされたような状態になります。

地震についてですが、過去の東日本大震災や、熊本地震の前にも太陽フレアが発生していて、どうやら大規模地震と太陽フレアは、はっきりとした因果関係は不明ですが、何かしらの影響がありそうです。

大規模停電や、地震は経験をしてきている日本ですが、宇宙規模の天災による災害には対応できるのでしょうか?

そしてこの太陽フレアは、この先1週間程度は起こる可能性があるらしいので、気が抜けません。

とにかく停電や震災などが起きないことを祈るしかないです…

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする