子供の視力がどんどん低下する!原因はなに?対処方法は?

最近の投稿

メガネやコンタクトレンズをつけているのに、授業中の黒板の字が見えない、テレビを見るときに目をしかめているなど、最近は近視大国日本といわれるほど、子供たちの視力低下が進んでいます。

でもこの「視力低下」は、何が原因なのでしょうか?本当に視力が低下して、度が進んで見えなくなっているだけでしょうか?

Sponsored Link

視力がどんどん低下してしまう原因はなにか

スマートフォンやパソコンの使い方

大人の方も自覚のある人が多いと思いますが、スマートフォンやパソコン、タブレットなどのゲーム機器は、だいたいいつも自分が見やすくて楽な位置で使い、しかも気づけば何時間もたっているということも少なくないと思います。もうこれは現代病ですね。子供に限ったことではありません。

子供たちもついつい熱中して、長時間同じ体制と距離で画面を凝視していますよね。目が疲れるのは「スマホ、パソコンの使い過ぎ!」といいますが、もちろん長く使えば使うほど、負担にもなりますが、実は使い過ぎというよりは、この同じ距離で凝視するというのが大きな原因なのです。特にスマホ、パソコン、タブレットの類は距離がかなり近いと思います。

あまり気づかないと思いますが、目は近くのものを見るときのほうが目の筋肉を使います。頑張ってピント調整してる感じです。なので当然近くのものを長時間見ていると、筋肉が疲労して視力の低下を招きます。

姿勢が悪い

スマホなどを近くで見続けていると、近くで見る癖がついて猫背になり姿勢が悪くなります。そうすると今度は勉強するために座った机でも近くを見る癖が出て、スマホ以外のものでも近くでものを見るようになります。猫背になることで首に負担もかかって血流も悪くなるし、ここで近視用のコンタクトやメガネをしていると、さらに目に負担をかけます。

近視用のコンタクトレンズやメガネは、遠くを見るための度数が入っています。これを近くを見るために使ってしまうと、強すぎる度数で近くを見続けていることになるからです。

視力矯正のメガネやコンタクトレンズが過矯正になっている、度数があっていない

私も昔々ハードコンタクトレンズを使っていた頃、全くと言っていいほど目や、コンタクトレンズについての知識がなく、レンズを買い替えに行ったときに、検査員のお姉さんに「2.0まで見える度数にしてください!」とお願いしていました。見えればみえるほどいいと、思い込んでいたのです。

眼科やメガネ屋さんなどで視力検査をしたときに、「赤と緑の中の二重丸はどっちがはっきり見えますか?」という検査ありますね。私も知らなかった頃は、「赤がはっきりしてる!これはきっと何か悪いサインだ!」と思っていました^^

この検査は、矯正した度数が過矯正(強すぎる)でないかを検査しています。そしてこれは赤がはっきりしていればOKのサインです。緑がはっきりしている時は度数が強すぎるというサインです。

視力低下の原因

なぜ過矯正ではだめなのかというと、遠くがものすごくよく見えるように矯正されていますので、ずーーーっと遠くだけ見ているのならいいかもしれませんが、先ほど言ったように、近くを見るときに、もっとずっと頑張らないとピントが合いませんよね。それはそれは疲れます。

どちらの二重丸がはっきりみえますか?という感覚的な検査からもわかるように、どのくらいの度数が過矯正かという数値はありません。視力検査でいう1.0とかの数値はあくまでも目安であって、1.0ないから見えてないとかそういうことではありません。ある程度普段の日常生活で困らない程度がちょうどよい度数だと言えるでしょう。

強すぎても弱すぎても、度数があっていないと、視力の低下につながります。

その他にも遺伝する、ということも言われていますが、これは避けようがありませんよね。

ストレス

これには「心因性視力障害」という病名もあります。症状は視力が出ないだけでなく、色覚や、聴力にまで影響を及ぼすこともあります。

そこまでひどくないとしても、特に8歳ぐらいから12歳ぐらいのお子さんは、転校したり、家庭の環境が変わったり、毎日夜遅くまで塾で勉強していたりなど、些細なことでもストレスを感じてしまいます。子供たちはその「ストレス」をあまり自覚できないこともあり、知らず知らずのうちに、自律神経を乱していることがあります。

視力はこの自律神経に支配されています。なので自律神経が乱れてしまうと、目から入った情報を脳に伝達する機能がうまく働かず、正常処理されないため「みえにくい」という現象が起きます。

視力が低下してしまったら、とりあえずメガネやコンタクトの度数を上げる?

学生さんに多いですが、とにかくすぐ見えにくくなったから度を強くしたいと言ってこられます。検査してみないと一概には言えませんが、だいたいその半数以上の人は度数をそのままで様子を見ましょう、と言われてそのまま帰られるパターンが多いです。なぜそうなるのかは後からご説明しますね。

Sponsored Link

では視力低下には、どんな対処方法があるのか

まずスマホやゲームの使用を禁止することは難しいと思うので、長時間使わない、1時間たったら10分休むなど、使い方を考えてみましょう。またスマホ、パソコンなどのLEDディスプレイが発するブルーライトも目を疲れさせるので、ブルーライトカット機能がついたメガネを使うのもおすすめです。あとは勉強をする部屋など、暗いと見えないので顔を近づけ、姿勢が悪くなります。明るさにも気を付けましょう。

視力回復に効くといわれる食べ物やサプリメントもたくさんありますが、まずは食生活でまんべんなく栄養を採るほうがいいと思います。

視力低下の対処方法は

子供の視力は大人と違って、変わりやすいです。

先ほどの、度数を上げたいと言って来た学生さんたちが、そのままで帰っても大丈夫だったということですが、たまたまその日疲れていたり、睡眠不足、体調不良、何かしらのストレスで見えてなかっただけということも多々あります。

特に受験生ですが、毎日遅くまで勉強をしていると、疲れとストレスで一時的に視力が下がることも多いです。だからといってすぐに度数を上げるのはおすすめできません。受験から解放されたあとにもう一度考えてみてください。どうしても授業中困る!!というときは、コンタクトレンズであれば、とりあえず事情を説明して検査してもらい、少し度数を上げたワンデーの使い捨てレンズを併用するのもおすすめです。

最近の子供は大人よりも忙しい子も多いですよね。視力が下がればメガネやコンタクトレンズで矯正してしまえば簡単ですが、残念ながら心の中まで矯正できる器具はありません。心因性の視力障害が出ると、もうそのメガネやコンタクトレンズでも視力が出なくなります。そうなる前に、まずは少しでもその要因を取り除いてあげてください。例えば週に一日だけでも、スマホやゲーム機器から離れて、外で一緒に遊ぶ時間を作るというのでもいいと思います。お子さんだけでなく、お母さんたちの目にもいいですよ^^

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする