紫外線で目から日焼けするって本当?影響と対処法をまとめてみた!

最近の投稿
Pocket

目から入る紫外線で日焼けするって、本当なんでしょうか?

顔や体は日焼け止めを塗ったり、長袖の上着や手袋をしたり、帽子をかぶったり、かなり気にして日焼け対策はしてますが、目はあまり気にしてない人も多いのでは?

Sponsored Link

目から入る紫外線で日焼けするとはどういうことなのか

日焼けと言えば、メラニン色素ですね。このメラニン色素、日焼けしたくない人にとってはやっかいなものですが、本当は体にとってとても大切なもので、紫外線が皮膚の深部まで入って悪さをするのを、メラニンがブロックして、体を守るためにあるんですね。なくてはならないものです。

目が紫外線を浴び続けると、角膜が炎症を起こして、その刺激で脳がメラニンを作るように指令を出してしまうんです。それが直接肌に紫外線を浴びなくても、目から入る紫外線で肌が日焼けする仕組みです。

大人よりも紫外線にさらされている子供たちの目

私もそうですが、子供の頃日焼けなんてたいして気にしてませんでしたよね。美意識の高い人は早くから気にするんでしょうけど、私は高校生ぐらいからでした。しかも大した知識もなく、手と足と顔に安物の日焼け止めを塗る程度でした。ましてや目のことなんて知る由もありません。

紫外線で目から日焼けするってほんと?

子供たちは外で元気に遊んだり、学校や習い事などでアウトドアスポーツをしたり、大人よりも紫外線を浴びる時間が長いですよね。身長が低いと、地面からの照り返しによる紫外線も、より浴びることになり、充血することもあると思います。角膜が炎症をおこしているです。

すぐにおさまる程度の充血なら心配ないですが、強い紫外線を浴び続けると、若くても白内障になったり、翼状片(よくじょうへん)黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)瞼裂斑(けつれんはん)など目のトラブルの原因となります。紫外線を浴びないのは無理ですが、早いうちから少しでも気にかけて、できる対応はしておきましょう。

どんな対処法があるか

帽子や日傘なども有効ですが、一番大幅に紫外線をカットできるのは、サングラスです。もちろんサングラスは高カット率のものの方がいいです。

ただし、あまりレンズが濃い色ではせっかくカット率が高くても、視界が暗くなるため瞳孔が開いてしまい、サングラスの隙間から入る紫外線を吸収しやすくなります。瞳孔が収縮している方が好ましいので、薄めの色がおすすめです。そして隙間からの紫外線予防のため、きちんと目を覆う大きさのものを選びましょう。

目に合うサングラスを選ぼう

サングラスって、日本ではやっぱりおしゃれアイテムとしての印象が強く、着けてるとなんだか欧米のセレブ気取りと思われそうで、着けにくいなと思います。

海外へいくとみんな眩しいから着ける、というのが慣習化してるので、あまり躊躇なく着けられます。最初はちょっと恥ずかしいけど、それはただの自意識過剰で、誰も見てません^^;日本でもそうなるといいなぁと思いつつ、私は自分の目を守るために、恥ずかしさと格闘しつつ、できるだけ着けるようにしています。

サングラスには抵抗があるという方には、透明のレンズでも紫外線をカットしてくれるものがあります。クリアレンズだと瞳孔も収縮するし、恥ずかしさはなくなり、とても使いやすいのでおすすめです。

ただ私の場合は、まれに眩しさで頭痛を起こすことがあるので、曇りの日に使うようにしています。曇りの日とはいっても、晴れの日の50~80%の紫外線が降り注いでいるので、要注意です!

とはいえさすがに子供にサングラスをつけさせるというのは難しいと思うので、まずはつばが広めの帽子を被りましょう。たくさん紫外線を浴びた後は、濡らしたタオルで冷やすなどのケアもしてあげてください。紫外線による充血や炎症を抑える目薬もあります。

また時期や時間帯によっても紫外線の強さは変わります。月でいうとピークは7〜8月、時間帯は10時から14時の間が一番強いので、出来るのであれば、その時間を避けて外に出るといいですね。

Sponsored Link

コンタクトレンズにもUVカットついてるけど…

コンタクトレンズに、UVカット機能がついているものがあります。サングラスしなくてもUVカットのコンタクトレンズすればいい!と私も思っていましたが、コンタクトレンズって黒目しか覆っていませんよね。つまり白目はカバーしきれていないので、紫外線対策としてはコンタクトレンズだけでは不十分だと言えます。

実際私が勤めていたお店でも、このレンズはUVカットがついているからいいですよ!というような売り方はしていませんでした。どうしても選びきれずに悩んでいる方に、こっちはUVカットがついてますね~と、特徴として言うぐらいで、コンタクトレンズ選びにとって、そこは重きを置くところではないです。

選んだレンズにUVカットがついていたら、ラッキーぐらいのおまけ程度だと思って下さい^^;紫外線対策するなら、UVカット機能のついたコンタクトレンズにプラスアルファー必要です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする