山﨑賢人主演映画、羊と鋼の森キャストやロケ地は?あらすじネタバレあり!

最近の投稿
Pocket

現在日曜劇場『陸王』で跡取り息子役を演じている山﨑賢人さん。

次の映画はピアノの調律師役で主演の『羊と鋼の森』です。

キャストやロケ地、あらすじなど調査してみました!

Sponsored Link

『羊と鋼の森』はどんな映画?あらすじは?

『羊と鋼の森』は2016年の本屋大賞第1位に選ばれた小説です。

ストーリーは、北海道で育った外村という主人公が、高校の体育館にあるピアノの調律に来た、調律師のピアノの音色に魅了され、それまでピアノに縁もなかったにもかかわらず、外村は北海道を出て調律師養成のための専門学校で2年間修行をし、調律の技術を身に着けます。

北海道に戻った外村は、体育館のピアノの調律をした、板鳥(いたどり)という調律師が勤めている江藤楽器店に就職します。

先輩調律師の柳について、家庭のピアノ調律に回っている時に、あるふたごの女子高生姉妹和音(かずね)と由仁(ゆに)に出会います。

人々との交流を通して、調律師として、人として成長していく物語です。

山﨑賢人主演映画、羊と鋼の森キャストやロケ地は?あらすじネタバレあり!

出典:東宝WEBWEB SITE

この本のタイトルである、羊はピアノの弦を叩くハンマーに付いている羊毛を圧縮したフェルトのことを、鋼はピアノの弦森はピアノの材質である木材をそれぞれ意味しているそうです。

ピアノのことをこんな風に表現できるなんて、宮下奈都さんの世界観が伺えますね。

Sponsored Link

『羊と鋼の森』キャストは?

主人公外村を演じるのは、山﨑賢人さん。

外村を導く調律師、板鳥役は、三浦友和さん。

そして、ふたごの姉妹、佐倉和音と佐倉由仁を演じるのが、上白石萌音と萌歌さん姉妹

その他のキャストはまだ未発表です。

山﨑賢人さんは、現在『陸王』に出演しています。

山﨑賢人さんの役どころは、『陸王』に限らず、ちょっと冷めた感じの役が多いかなという印象があります。

次の2018年1月からのドラマ『トドメの接吻』も、クズホスト役ということで、おそらくさわやかで明るいキャラではなさそうです^^;

でもこの映画は、また今までとは違う役どころではないかと思います。

『トドメの接吻』を見た後になるとなおさら、印象がガラッと変わるでしょう。

http://eiga.com/news/20171123/3/1/01/

出典:シネマトゥデイ

ふたごのピアニスト役、上白石萌音さんと、萌歌さんは鹿児島出身の姉妹です。

二人ともそろって、趣味は歌うことと踊ることと言っています。

名前にも「音」や「歌」が入っていて、ふたごのピアニスト役というのもピッタリですね。

連弾をするシーンもあるようですが、本当の姉妹だし、ぴったりと息の合った演技が見られそうです。

この映画で初共演だそうです。

山﨑賢人主演映画、羊と鋼の森キャストやロケ地は?あらすじネタバレあり!

出典:http://eiga.com/news/20171123/3/1/01/

『羊と鋼の森』ロケ地、目撃情報!

今回のロケは、2017年の2月から北海道の旭川市を中心にロケが行われました

コンサートロケ地として撮影が行われたのが、鷹栖町役場たかすメロディーホール(北海道上川郡)

ここではエキストラ300人が募集されました

もひとつのコンサートロケ地は、武蔵野音楽大学入間キャンパス(埼玉県入間市)

こちらでもエキストラ募集が行われました。

撮影が行われたその他の場所は、北海道旭川市の旭橋近文駅や、ロケに使用された「香月食道」、深川市の深川駅前でもロケが行われたようです。

学校のロケは、北海道旭川市の「旭川市立春光台中学校」「旭川明成高校」

また、山﨑賢人さんと、鈴木亮平さんがジンギスカンのお店「大黒屋」で目撃されています

ということで、キャストとして発表はされていませんが、もしかしたら鈴木亮平さんも出演されるのかもしれないですね

作者である宮下奈都さんも、結婚後に旦那さんと子供3人と北海道に移住していたそうですね!

『羊と鋼の森』の公開は、2018年6月8日です!

公開まで『陸王』と新ドラマ『トドメの接吻』を見ながら待ちましょう!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする