スマホ老眼は治る!今日からできる改善方法7選!

最近の投稿
Pocket

スマホ老眼という言葉を一度でも聞いたことがある人は多いと思います。このスマホ老眼、増加の一途をたどって行っているようです。

スマホが普及して、パソコンよりもスマホを使う人のほうが増えたからです。スマホはパソコンやテレビよりも、目との距離がかなり近いですよね。

実は自覚がないだけで、気づかないうちにスマホ老眼になっている人も少なくありません。スマホを持つ子供たちも、低年齢化していますので、気を付けてあげたいですね。

Sponsored Link

スマホ老眼の原因はなにか。「老眼」との違いは?

40歳中ごろになってくると、だんだん近くのものが見えにくくなり、少し遠ざけて見ると楽に見えたりするようになります。老視の始まりですね。いわゆる老眼です。あまり認めたくないですが、遅かれ早かれ誰にでもおこります。

目のピント調節に使われる毛様体筋が加齢とともに衰えてきて、若いころのように近く⇔遠くのピント調整がスムーズにいかなくなってきます。特に近くを見るのにはこの筋肉をより使うので、近くが見えにくいのが特徴です。

これは体の衰えですので、治すことはできません。老眼鏡やコンタクトレンズを使うなどして、うまく付き合っていくしかありません。

ところがスマホ老眼は、そのピント調整もサクサクできるはずの子供たちでさえ起こりうるものです。老視、スマホ老眼、どちらもピントの調整機能が低下するという点では同じですが、老視との違いは、近くは見えるというところです。

近くを見るために毛様体筋は緊張状態になります。これが長時間続くと遠くを見た時にすぐに緩めることができずに、遠くにピントが合わないのです。同じ距離ばかり見ていると、水晶体の柔軟性も損なわれ、目や目の周りの筋肉も凝り固まってしまいます。さらに視力の低下もすすんでしまいます。

スマホ老眼は治せる!

加齢による老眼は、毛様体筋そのものが老化して、縮んだり伸びたりがスムーズにいかなくなるのですが、スマホ老眼のほうは、まだまだ毛様体筋も元気で伸び縮みは自由なんだけど、同じ状態で使い続けけてしまっているせいで、凝り固まる感じです。なので元の状態に治すことができるのです。

今日からでもできる改善方法7選!

1.こまめに遠くを見る、まばたきをする。

何分に1回とか細かいことを言っても、すぐ夢中になってしまうのがスマホなので、これは意識的にやるしかありません。

スマホ老眼改善方法

2.目から40cm離して使う。

これはやってみるとわかりますが、結構つかれます。これを絶対やる!となると違う意味で、長時間のスマホは使わなくなるかもしれないですね^^;

3.栄養バランスの良い食生活を心がける。

特に目の機能を整えるのに必要な栄養素は

・ビタミンA (かぼちゃ、ニンジン、小松菜、春菊、レバーなど)

・ビタミンC (キャベツ、レモン、いちご、オレンジ、柿など)

・ビタミンE (ブロッコリー、アーモンド、アボカド、玄米など)

・ルテイン (ほうれん草、トウモロコシ、グリーンピース、パセリなど)

・アントシアニン (ビルベリー、黒ゴマ、ブドウ、なすびなど)

・ミネラル (海藻、魚介類、大豆など)

こうしてみると、そんなに難しい食材はありませんよね。ブルーベリーがいいからと言ってブルーベリーを大量に食べればよくなるってものでもないんです。まずはまんべんなく栄養を取ったうえで、プラスアルファとしてサプリメントを採れば、より効果があると思います。

Sponsored Link

4.目を温める

濡らしたタオルぎゅっと絞って電子レンジで温めて、目の上にのせるだけです。

私はハンドタオルみたいな小さなものではなくて、普通のフェイスタオルぐらいのものでやります。絞るのが大変なので、薄手のものを使っていますが、程よい重さがあったほうがフィット感がよくて、気持ちがいいです。それに小さいとすぐ冷たくなりますが、大きめのほうが保温力もあります。

5.目の体操をする

1.目の前に人差し指を立てて3秒間じっと見ます。次に2~3メートル先の何か対象物をまた3秒間じっと見ます。これを10回ほど繰り返すだけ。

これはわざわざ指を立てなくても大丈夫なので、たとえば電車の中で、スマホを持っている自分の親指をじっと見て、顔を上げて電車の外の建物を見る、というのでもできます。要は近くと遠くを交互に見ればいいだけですね。

2.3秒間ぎゅっと目を閉じて、ぱっと目を開けるだけ。

これもいつでもどこでもできるので、例えばテレビを見ている時、CMになったらやるというのも一つの手です。びっくりするほど簡単ですが、これがすごく気持ちいいです。案外目が疲れた時にみんな無意識にやってますよね。

スマホ老眼に効く目の体操

ほかにも検索すればいくらでも体操やストレッチは出てきますが、めんどくさがりの私には、他はどれも長続きしませんでした^^;

6.スマホ画面の明るさに気を付ける

部屋の明るさによっても変わりますが、昼間の外で使っている画面の明るさと同じ明るさで、部屋の中でスマホを使うと明るすぎます。

私はもともと、携帯の電池の持ちをよくするためだけに、暗めの設定にしていました。それに慣れてしまい、ほかの人の携帯を見ると、目が痛い!とよく思っていました。

もちろん画面が暗ければいいというものではありません。暗すぎて見えにくくても、かえって目が疲れます。部屋の明るさも十分にとって、部屋と画面との明るさの差を小さくしてあげると、目への負担が軽減できます。ついでにスマホの電池の持ちもよくなって一石二鳥ですよ^^

7.ガムをかむ

これは私も知らなかったのですが、とても簡単だし画期的です!

ガムをかむだけで、血流が促されて目の周りの筋肉がほぐれ、白目の血流が70%近くもあがるそうです。しっかりかむことで、毛様体筋も刺激され鍛えられるので、目にいい影響を与えるようです。

まとめ

今回は、お金と手間のかからない簡単な方法だけを紹介しましたので、ぜひすぐに試してみてください。

スマホ老眼は、きちんとケアすれば治せるものなので、軽く考えがちですが、重篤化すれば、慢性疲労や睡眠障害、うつ病などの精神疾患、最悪失明まですることもありえます。知識があれば将来の重篤な病気を避けられるだけでなく、明日からの生活も快適になりますよ。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする