スマホ依存症とその対策法を考えてみた!

最近の投稿

スマホ依存症なんて言われると、私はまだそこまでじゃない!と思ってしまいますが、自覚できていないだけ、もしくはスマホ依存症予備軍という人も多いようですよ。

スマホを使わないでいるのはやっぱり無理なんでしょうか?

スマホ依存症の症状

ネットを検索してみると、スマホ依存度チェックというのがたくさん見つかります。以下は診断内容によく出てくる項目です。



あなたは1日にどのくらいスマホを使っていますか?

おそらくこれにすぐ答えられる人はいないのではないでしょうか?その時間は、思っているよりずっと長いですよ。

私も気になって、スマホの使用時間を測れるMomentというアプリをインストールしてみました。

英語版なのですが、難しいことは考えず、置いとくだけで計測してくれます。

かなり使っているなと自覚していた時に比べると、後から説明しますが、あるきっかけで、今はすごく少なくなったほうです。

今は平日の日中は、お昼を除いてほぼ携帯が使用できなくて、夜もパソコン作業が増えたので、せいぜい1時間ぐらいかな?と期待して計測したのですが、平日でも普通に2時間超え、週末になると4時間ぐらいになっていました。

ちなみにスマホ依存症の目安は、一日の使用時間が5時間以上だそうです。

こんなに使う時間が減ったと思っている私でさえ、結構ぎりぎりですね^^;

そんなに使ってる意識はもちろんありません。

しかも詳細を見てみると、5分10分以内の短時間の使用をちょこちょこやっている事が多くて、大した用事もないのにクセで開いているということに気づきました。

スマホ依存症

このアプリで自分が思う以上にスマホを扱っていることが認識できるし、例えばお子さんのスマホに入れてみて、どのくらい使っているか見てあげて、お子さんと一緒にスマホの使い方を考えるきっかけにもなると思うので、おススメです。

とりあえず一度測定してみてください。きっと驚きの結果がでてきますよ^^

関連記事:子供の視力がどんどん低下する!原因はなに?対処方法は?

スマホ依存症で失うものは?

健康

視力の低下やスマホ老眼、肩こり、頭痛、睡眠障害、うつ病など、また手の指が曲がったり、本来緩やかなカーブをしているはずの首の骨がまっすぐになってしまうストレートネックなどの症状が出ます。

関連記事:スマホ老眼は治る!今日からできる改善方法7選!

時間

スマホを夢中で使っていると、気づくと何時間もたっていることありますよね。

確実に貴重な時間を失っています。私もゲームにはまっていた時、友達とSNSで話が盛り上がってしまった時、ふと気づいてびっくりすることが多々ありました。

びっくりしますが、その一瞬だけ。

びっくりしながら、あと一回戦だけ!とか、全く反省の色はなしですね^^;

このほかにもスマホを使いすぎるあまり、現実社会で人とのコミュニケーションがとれなくなり、友人を失ったり、職場での信用を無くすということもあるようです。



どんな対策法があるのか

重度の依存症の人にはなかなか実行できないものかと思いますが、難易度の低そうなものから順番に挙げていきます。

  1. 長時間使ってしまうアプリをフォルダにまとめて入れて、「依存症」とか「時間泥棒」というような名前をつけておく開くたびに、罪悪感が芽生えてきたら成功ですね。
  2. 依存性の高いアプリは、開いたらすぐ使えるようにしておかず、その都度完全に閉じる特にゲームなどは、開きっぱなしていると、やるつもりなく携帯を手にしても、ついついやってしまいがちです。
    しかも1.のフォルダにまで入っているのでそこからいちいち開いて、オープニングの映像から、ゲームができる状態までの時間が長いと戦意喪失します^^;
  3. ながらスマホをやめるテレビを見ながら、食事をしながら、歩きながら、をやめてみてください。トイレやお風呂にも持ち込まないように。
    以前学校帰りの高校生が、自転車に乗りながらスマホを使っていました。
    その使い方がすごくて、両肘をハンドルにかけて、前かがみになり両手でスマホを使っているんです!中国雑技団レベルです!
    何かあってもブレーキをかけるどころか、転んでも全く身を守れないですよね。
    本当に危険ですので、絶対やめてほしいです。
    車を運転しながらなんてもっての他ですよ。
  4. 通知設定を切る通知が来るたび、やっぱり気になりますよね。最初は音を消すところからでもいいかもしれないです。
  5. 予備バッテリーは持ち歩かないスマホ依存の人のお守りですよね。
    予備はない!と思って、残りのバッテリーでうまくやりくりしましょう。
  6. 格安SIMにして容量制限するお金もセーブできて一石二鳥です!



私はこうしてスマホから解放された!

先ほど言いました、スマホを使う時間が圧倒的に減った経緯ですが、もともと私が一番使っていたのが、ゲームでした。

レベルを上げてコインを集めて、アイテムを集めてというようなゲームです。

友達と競い合って、順位が高ければボーナスがもらえて、他人のレベルも確認できるので、追いつけ追い越せで、どんどんゲームの時間が増えていきました。

通勤時間、休憩時間、食事をしながら、寝る寸前まで。週末はゲームだけでも、気づけば4時間とか普通にやっていました。

そんな時仕事をやめて、今までずっと長期休暇が取れなかったこともあり、2週間ほど海外に行きました。

もちろん携帯は持っていきましたが、Wi-Fiが使えるところでしか機能しません。
しかも旅行中はゲームをする時間が全くありませんでした。

というかゲームをしたいという発想にすら及びませんでした。

毎日いろんな人とあって、たくさん話したり、いろんなものを見たりして、充実していたからでしょう。

それから帰国しましたが、そのあとなぜか全くゲームしたい!という気持ちが起きなくなりました。

その2週間のうちにあっていたゲームのイベントに参加できず、今までもれなくイベントクリアして集めてきたモノが手に入れられなくて、もうパーフェクトじゃなくなったということ^^;
それで一気にゲームへの執着がなくなりました。

おかげで今では他にやりたいことに、たっぷり時間を回せるようになりました。今でも時々そのゲームはやりますが、やっても30分以内ですね。

みんながみんな同じようにはいかないと思いますが、携帯が使えないところに行くのはおススメです。

環境を変えてほかに熱中できることが見つかれば、スマホに費やしていた時間のもったいなさに気づきます

なにより、かけがえのない自分の健康を取り戻せますよ!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする