18歳成人はいつから?民法改正案の理由とデメリットを知りたい!

最近の投稿

成人年齢が、20歳から18歳に引き下げられる民法改正案が可決し2022年からは、18歳で成人となります。

なぜ成人年齢が引き下げになるんでしょう?

18歳成人になったあとのメリットやデメリットはなんでしょうか?



18歳成人のメリット・デメリットは?

18歳成人になると大きく変わる5つを、メリットなのかデメリットなのか考えてみました。

①選挙権が18歳からとなる

これは政治や社会にもっと感心を持つようになるだろうという考えですよね。

日本の投票率の悪さは低下の一途で、毎回選挙のたびに、過去〇番目の投票率の悪さ!とか言われてます。

そんな中で、投票権を18歳に引き下げただけで、現在の有権者ですら投票にいかない、政治に関心がないという中、急に若者が政治に関心を持つわけもないでしょう。

これはメリットともデメリットとも言えないですね。

②契約当事者になる年齢の引き下げ

契約当事者というのは、未成年者の場合に必要だった、契約時の親権者の同意がいらなくなるということです。

これまで未成年の場合は契約の取り消しができていたものが、18歳で成人となれば、取り消しできなくなります

なので、高額商品をローンを組んで購入したり、消費者金融で借金してしまったり、ネズミ講のような詐欺に契約させられても、全て自己責任となります。

クレジットカードも契約できるようになります。

大人ですら上手に使えてない人が、自己破産している人も少なくないのに、若年層の自己破産なんてかわいそうすぎますよね。

あまりメリットだとは考えられないと思います。

③女性が結婚できる年齢が18歳に引き上げられる

今現在、16、17歳で結婚する女性が少ないのと、男女で結婚できる年齢に差があるのに合理的な理由がないというのもあり、男女共に18歳からとなります。

これは2人が共に18歳で成人となるわけですし、自分たちの責任でという意味でもいいのではないでしょうか。

デメリットはほとんどなさそうです。

④10年パスポートが発行してもらえるようになる

10年パスポートは手数料が16,000円なのに対し、5年パスポートは11,000円で、かなり割高ですね。

更新や申請も手間がかかりめんどくさいので、10年パスポートが取れるのはメリットですね。

※少年法が適用される年齢が18歳未満へと引き下げられる?

これはまだ決定していません

なぜならメリット、デメリットがあり、とてもデリケートな問題のようです。

現在凶悪化している少年犯罪の低年齢化の抑止力となるのが狙いのようですが、犯罪を犯す子供たちが、今までよりも罪が重くなるからやめようなんて発想に至るのかナゾです。

むしろ、事件が新聞やテレビで取り上げられられた時に、実名が報道され、顔もさらされてしまえば、今のインターネット環境では、一生そこに名前や顔が残り、更生の道も閉ざされてしまう可能性が出て来ると思います。

そうなるとこれはデメリットですね。

でも被害者側になって考えてみると、加害者の年齢なんて関係ないですよね。

何歳であっても、加害者には厳罰を!と思うのが当然です。

これが今まで、少年法に守られ軽くなっていた罪が、少しでも厳罰化されるのは、被害者側からしたら、メリットと言えるでしょう。



タバコやお酒、ギャンブルは?

タバコ、お酒、ギャンブルに関しては、変更なくこれまで通り20歳からです。

タバコやお酒は、成長過程の体に対する害や健康面を考えれば、引き下げるメリットはありませんからね。

ギャンブルに至っては、先ほどのローンや、消費者金融での借金ができるようになるので、これまで18歳に引き下げてしまえば、恐ろしいことが起きますよね。

この3つは、引き下げるべきではないですね。

18歳成人はいつから?民法改正案の理由とデメリットを知りたい!

なぜ18歳に成人年齢が引き下げられるの?

成人年齢の引き下げは、若い世代の人たちに社会参加をしてもらいたい、政治に関心をもってもらいたい、経済的な自覚と自立、と表向きには若者への参政や自立した大人になってもらうことを期待しているようにも見えますが、「消費拡大」や「税収増加」「労働人口の増加」を狙っているんじゃないか?という声もあるようです。

実際に、現在の国民年金の納付義務は20歳からですが、これも18歳からになるのでは?という心配がありましたが、これも20歳からのままで変更はないようです。

また世界的な標準成人年齢が18歳であるということも理由の一つのようです。



18歳成人に年齢が引き下げられるのは2022年、平成34年の4月から

法案の成立により、2022年の4月から18歳で成人となります。

18歳から成人として認められるわけですが、自分が20歳になった時もそうでしたが、特別なことは何もなかった気がします。

急に責任感が芽生えるわけでもなかったし…

18歳の時の自分を想像しても、「成人」ってなんだ?

って話です。

しかも内容をみても、特に魅力的な変更はないし、メリットあるの?!

と思います。

これから学校では、社会の仕組みやお金のこと、自立するということなど、今まで以上に真剣に子供たちに教えていかなければなりません。

18歳成人はいつから?民法改正案の理由とデメリットを知りたい!

アメリカやカナダの友達は、みんながみんなではありませんが、高校を卒業すると一旦就職し、働きながら将来を考えます。

働くことで、社会のことやお金のこと、自分が将来どうなりたいのか、学校では学べない実践的なことをいろいろ学び、自立して、物事を考える力が付きます。

そして自分に必要な進路を考えて、学費を稼ぎながら大学や専門学校に進む人が多いように思いました。

なにをもって、「成人」と定義するのかは難しいですが、やはり自立し、自分で物事を判断することができるというのは最低条件のような気がします。

日本は世界的に見ても、成人年齢が高いといいますが、社会的背景を考えてみても、成人年齢を引き下げるのはなかなか難しいのではないかと思います。

法律上「成人」と言っても、未熟な成人が増えるだけではなんのための民法改正なのかわかりませんよね。

なににしても、変革には問題がつきものですが、あと4年後までにどこまで備えられるかですね。

4年なんてあっという間です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする