初めてのコンタクトレンズは怖い?痛い?時間はどのくらいかかるの?

最近の投稿

初めてのコンタクトレンズ、怖いなー、痛いかな?って不安ですよね?

やってみようかなと考えているあなたに、ぜひ考えて欲しいです。

何で怖いのか?

Sponsored Link

初めてのコンタクトレンズは怖い?

目は体の器官の中で、唯一外にさらされています

それを守るために、物が近づいてきたり、強い光を浴びると、反射的にまぶたを閉じるように人間の体は出来ています。

そんなところに、異物を自ら入れようとするんですから、それは怖いに決まってます。

その恐怖心がなければ、目という器官は守られなくなります。

初めてのコンタクトレンズは痛い?

これもそうですが、目の中に異物を入れる、恐怖心からそう思ってしまっているのです。

実際につけてみると、痛いというよりは違和感です。

ソフトレンズに比べると、ハードレンズはコロコロしますが、痛い!ということではないです。

ホントに痛い時は、レンズが合っていないか、正しく入っていない、レンズが裏返っている、目に異常があると考えられます。

初めてレンズを買う時は、必ず診察が必要なので、まず眼科医が目の状態を見て、コンタクトレンズを装用しても大丈夫かを判断します。

なので目に異常があって痛いということは、ありえません。

さらに、初めての時は眼科の検査員か看護師さんが、きちんと検査して、目にあったレンズをチョイスしてくれて、目に入れてくれるので、レンズが合わないとか、裏返ることもまずありません。

ということで、初めてでも「痛い!」ということはそうそうないと言えます。そもそも、コンタクトレンズ自体は、医療機器ですので、目に入れても痛くないように作られています

(装用中にゴミが入れば、痛いときもあります。特にハードレンズはソフトレンズよりも痛みを感じます。)

そんなわけで、コンタクトレンズは痛くないんだな、とわかってもらえたと思います。



どのくらいの時間がかかるのか

これはもう、人それぞれです^^;

眼科やお店の混み具合抜きで、早い人だと30分で終わる人もいれば、その日だけでは終わらなくて、装用練習だけ後日となる人もいます。

平均すると1時間〜1時間半ぐらいです。

私の体感ですが、男の子よりも女の子の方が、メイクをしていたり興味があるので、比較的目の周りを触ることに抵抗がない人が多いので短時間で終わります。

あとはやっぱり目が小さいよりは大きい人の方が、着け外ししやすいので早いです。

目が小さくても瞼が柔らかくてのびやすいとすんなり行きます。

なので見た目小さいから無理かな?と思う必要はありません。

またコンタクトレンズも、ソフトレンズに比べるとハードレンズはかなり小さいです。

ソフトレンズでも、数ミリ単位ですが、いくつかサイズがあるので、小さめにしたり、初心者でも扱いやすいレンズがあるので、相談してみましょう。

まれに、初めて付け外しをしていると、具合が悪くなったり倒れてしまう人もいます。

これは極度に緊張してしまっておこります。しばらく安静にすればよくなるので心配ありません。

少しでも具合が悪いと思ったら、無理をせずすぐに伝えて下さい

お医者さんもすぐそこにいるので安心してくださいね。

初めてのコンタクトレンズは痛い?

具合が悪くなったときはもちろんですが、無理してその日のうちにすべて終わらせようとしなくて大丈夫です。

なかなかつけ外しができなくて、時間がかかれば焦るし余計うまくいかないことも多いのです。

そんな時は気分を変えて、また後日装用練習をしに行ってください。

仕切りなおすとあっさりできる人が多いです

ただし、着け外しがきちんとできない状態では、レンズをお渡しできない場合もありますので、何か目的があって初めてコンタクトを買おうという人は、練習や慣れる時間ことも考えて、余裕をもって購入に行ってください



コンタクトレンズ自体が怖いのではない、慣れてきた時の誤った使い方が怖い!

私の友達に某航空会社のパイロットさんがいます。

もう何十年もキャリアのあるベテランのパイロットです。

彼に、飛行機が怖いって言ってる友達がいるんだよね、という話をしたとき、冗談交じりですが、「オレのほうが怖いわ!あんなデッカイ鉄のかたまり飛ばしてんねんぞ!」と笑っていました。

パイロットが何てこと言うんだ!と思いましたが、実はこの思いを持ち続けるのは、とても大切なことだと思います。

なんでも慣れてくると、初めは気を付けていたことでも、次第にぞんざいな扱いになってくるものです。

初めての人はこれを予習しておいて、レンズを使い始めてからも時々読み返してほしいです。

このどれもが、やってしまったからと言ってもすぐには何も症状が出ないことが多いので、大丈夫と思ってしまうのです。

このくらいなら大丈夫かな、という気持ちから後々自分を危険にさらすことになるのです。

コンタクトレンズは心臓の動きを助ける、ペースメーカーという医療機器と同じものに分類される高度管理医療機器です。
機能障害が生じた場合、人の生命や健康に重大な影響を与える恐れがある医療機器、という分類です。ベテランになっても、初心を忘れずに、正しい使い方と定期検査を怠らないでくださいね。

関連記事:コンタクトレンズって、子供は何歳からできるの?

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする