虫歯と歯周病の違いは?虫歯になりにくい人は歯周病になりやすい?!

最近の投稿
Pocket

虫歯は子供から大人までかかるもの、歯周病は年をとったらなるものと思っていませんか?私はそう思っていました^^;

虫歯と歯周病の違いはなんでしょうか?

虫歯になりにくい人は歯周病になりやすいと言われますが、本当なのでしょうか?

Sponsored Link

虫歯はどうしてできる?

子供のころはよく虫歯になって歯医者さんにお世話になりました。乳歯もほとんど抜けずに、歯医者さんで抜歯してもらっていました。人生で一番通ったのが歯医者さんです^^;

虫歯は主に「歯質」「虫歯菌」「食べ物」の三つの要素でなりやすかったり、なりにくかったりします。

歯質

食べ物が口に入ると、すぐに虫歯菌が酸を出して歯を溶かし始めます。もともと歯の質が丈夫であれば酸に溶かされることもないです。またその虫歯菌の出す酸を中和するのが「唾液」です。この唾液の量が少なかったり中和する力が弱いと虫歯になりやすくなります。また唾液は歯の再石灰化をしてくれますので、虫歯予防には欠かせないものです。

虫歯菌

虫歯と言えばミュータンス菌ですね。このミュータンス菌が多いと当然虫歯になりやすいです。もともと人間はこの菌を持って生まれてはきません。赤ちゃんの時に、お母さんや周りの保菌者とスプーンやお箸を共有することで感染します。

昔はそんな情報もなかったためか、私は親のミュータンス菌を存分に受け継いだようです^^;姪っ子は、妹がお箸などの共用をさけ、人が手を付けたお皿のものは食べさせないという徹底っぷりだったので、おそらくほとんどミュータンス菌はいないのではないでしょうか?あ、でもいつか私のお箸を口に入れているのを目撃したことあります、内緒ですけど(笑)

お箸だけでなく、託児スペースにあるおもちゃなど、不特定多数の人が使ったりしたところから感染している可能性もあります。

食べ物

虫歯菌は糖分を餌にして酸を出し、歯を溶かしていきます。なので糖分を含み、口の中にとどまりやすく、歯にくっつきやすいもの、例えば飴やキャラメルなどは虫歯の原因になりやすいです。食べ物だけでなく、飲み物も同じです。

虫歯と歯周病の違いはなに?

歯周病はどうやってなるの?

だいたい20代ごろから発症する場合が多く、なんと日本人の40歳以上の8割がかかっている、生活習慣病だそうです!歯周病は突然発症するものではなく、段階を経て徐々に進行して行くものです。

歯周病の原因はよく耳にしますが、プラークという歯垢が原因です。このプラークは食べ物のカスではなくて、細菌のかたまりです。その細菌の中に歯周病菌や虫歯菌がいます。通常唾液などで細菌は流れていきますが、流れきれなかった細菌が繁殖してプラークを形成します。

プラークは粘着性もあるため、しっかりと正しくブラッシングをしないと取り除けません

このプラークで繁殖した細菌たちと戦うために炎症反応が起きます。これが初期の歯肉炎です。歯茎が腫れたり、ブラッシングで出血したりします

これをさらに放置しておくと、細菌が歯茎だけでなく、歯を支える組織まで広がり破壊し始めます。これが中期の歯周炎と呼ばれるもので、歯茎が下がって歯と歯の間に隙間ができたり、歯がしみる、動く、噛むと痛いといった症状が出ます

これがさらに進行すると歯を支える歯槽骨が溶け、歯が抜けてしまいます。たとえ虫歯にさえなったことのないきれいな歯でも、抜け落ちます。

初期の歯肉炎の段階であれば、正しくブラッシングをしてプラークが堆積しないように気を付ければほぼ治ります。歯周炎になると、プラークの蓄積で形成された歯石がついているので、歯医者さんでこれを取り除いてもらう必要があります。

私も歯周炎寸前の歯肉炎になったことがありますが、歯石をとってもらって、正しいブラッシング方法を教えてもらい、実行したら治りました

では子供は歯周病にはならないのかということですが、子供の唾液は量が多く免疫力も強いので、よほど何かの理由で免疫力が下がっていたり、口内洗浄がきちんとされてないということでもなければ、子供が歯周病になることは稀です。軽度の歯肉炎程度で治まります。

Sponsored Link

虫歯になりにくい人が歯周病になりやすいというのはホント?

実際に虫歯がない人を調べると、虫歯がある人よりも虫歯菌は少ないが歯周病菌が多い歯周病にかかってない人をかかっている人と比べると、歯周病菌の数は少ないが虫歯菌が多いという研究結果もあります。

しかし実際の現場では必ずしもそうとは限らないようです。ではなぜこの虫歯になりにくい人が歯周病になりやすいと言われるのか・・・

それは、虫歯にならない人は歯医者さんに行かないからです。歯医者さんを受診することがないので自分で早期発見ができず、症状が進行してから気づくということが多いからです。

まとめ

  • 虫歯は虫歯菌の酸によって歯が溶ける
  • 歯周病はじわじわと進行し、プラークによって歯を支える組織、歯槽骨が溶ける
  • 虫歯菌の少ない虫歯になりにくい人ほど歯医者さんにかからないため、歯周病の発見が遅れやすい

虫歯にしても、歯周病にしても、日ごろからの正しいブラッシングは不可欠です。

私は歯肉炎になった少し後に、歯列矯正をしました。矯正をすると歯磨きがしにくくなるので、虫歯になるリスクがぐっと高くなりますが、歯肉炎になった時にかなりしっかりとブラッシングの指導を受けていたし、矯正中にもこまめにチェックしてもらえたので、虫歯になることはありませんでした。正しいブラッシングは本当に大切だと思います。

それからストレスも虫歯、歯周病に関係しています。一見、歯とは無関係に思えますが、このどちらにも唾液がとても大切です。歯の再石灰化、プラーク除去、免疫作用などがあるからです。ところがストレスを感じると唾液の分泌が減ります。緊張したら口が乾くのと同じ原理です。

唾液は口腔ケアに欠かせないものなのです。唾液の分泌を促すのには、水を飲んだり、ガムをかむのが効果的だそうです。せっかく噛むならキシリトールなどを含むガムがいいですね。もっと手っ取り早く、レモンや梅干しを想像するのもいいですよ!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする