飲む点滴OS-1の効果!風邪にも効く?老人にもおススメ?

最近の投稿

所ジョージさんの熱中症で一躍有名になった、大塚製薬の「OS-1」。飲む点滴とまで言われるていますが、その効果は?風邪にも効くんでしょうか?老人にもおススメってどういうことでしょうか。

Sponsored Link

飲む点滴OS-1の効果

OS-1の成分

原材料名:糖類(ブドウ糖、果糖)食塩

添加物:クエン酸(Na)、塩化K、リン酸Na、塩化Mg、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料

これらの成分が人間の体の大部分を占める体液である、水分と電解質の成分と似ているんですね。

脱水症状が進んだ時に、体が失ってしまった体液を口から補えるのが、OS-1のような「経口補水液」と呼ばれるものです。

水分の80%は小腸で吸収されます。水分、電解質、糖分をバランスよく成分配合させたOS-1を飲むことで、効率よく小腸から体に吸収できるようにして、脱水症状を緩和してれます

脱水症状の時は、ただ水を飲めばいいってものではないんですね。

この脱水症状の時に必要な体液の成分を、口から摂取できない状態のときには、病院で点滴によって体に入ます。これが飲む点滴と言われる所以ですね。

飲む点滴OS-1の効果がすごい!風邪にも効く?老人にもおススメ?

このOS-1には摂取量にも注意書きがあります。大人500ml~1000mlが一日の目安です。スポーツドリンクのように水分補給目的には作られていません

OS-1の特徴として、塩分が1本で1.5gも入っているということです。女性の1日の塩分摂取量の目安は7gです。ならまだぜんぜん大丈夫と思ったら大間違いで、私たちはすでに日ごろから塩分を取りすぎているようで、1日の平均摂取量は女性で、9gを超えているんです。

なのでOS-1などの経口補水液は熱中症予防や、水分補給として飲むよりも、脱水症状の時の、症状回復のために飲むほうがよさそうです。

熱中症でダウンした友達が、OS-1で回復し、それからすっかりOS-1信者になり、箱買いして常に常備しているんですが、脱水症状の時に飲むと美味しく感じるのに、元気な時に飲んでみるとまずい!と言っていました^^;

風邪にも効くの?

風邪に直接効くということではありませんが、風邪で熱がでたり、嘔吐や下痢などで水分が奪われた時に熱中症同様に、脱水症状になります。その時にもやはりOS-1のような経口補水液が脱水の症状を緩和してくれ、風邪の回復にも一役買うようですね。

風邪薬となるわけではないですが、風邪のひきはじめの人が、飲んで寝ると次の日に風邪の症状がよくなったという話も聞いたことがあります。試してみる価値はありそうですね。

Sponsored Link

老人にもおすすめ!

熱中症による救急搬送の話は毎日のようにニュースで聞きますよね。

高齢になると、体の水分量も減り少しでも多く汗をかくと脱水状態が進行します。体調がすぐれないと食欲不振にもなるので、さらに水分補給ができず最終的には熱中症になってしまいます。

ただでさえ食事の摂取量も減るし、のどの渇きも感じにくくなるので、意識的に水分の補給は必要となります。

そして高齢者は温度に対する感覚も弱くなります。お年寄りの方は、エアコンが部屋にあっても、苦手という理由で使わない人が多いですよね。

このようなことから、知らないうちに脱水症状になる「かくれ脱水」になっている高齢者が多いそうです。

周りの人も注意してあげなければいけません。1日に何度か水分補給する時間を決めてあげたり、入浴前後にも飲んでもらうなどするといいようです。

OS-1はこの「かくれ脱水」の時に飲むとおいしいと感じるそうです。無理に毎回飲む必要はないので、おいしいしいと思うときに飲んでもらうのがよさそうです。

また睡眠中にお手洗いで起きたくないために、就寝前の水分補給を控える人もいるようですが、就寝中は200ml~300mlもの水分を失います。熱中症で亡くなった方の実に4割が睡眠中なんです。睡眠中は水分を失う一方で一切補給ができない状態です。

私自身熱中症は経験ありませんが、友達と母が熱中症の症状になりました。二人とも朝起きた時でした。特に寝苦しいほど暑い夜ではなかったのですが、起床時からめまいと吐き気の症状が出ていました。

高齢者に限らず、寝る前にはコップ1杯の水分補給をおススメします。

ちょっとお高めのOS-1ですが、脱水症状には本当に効果があるようなので、うまく使って熱中症対策しましょう。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする