『全員死刑』実話に基づく映画!主演間宮祥太朗がかっこよすぎる!

最近の投稿

間宮祥太朗さんの主演映画、『全員死刑』。この映画は実話に基づいた映画なんですが、その内容がすごいんです!そして主演の間宮祥太朗さんの映画の役のためのタトゥー姿がめちゃくちゃかっこよすぎると話題に!

Sponsored Link

『全員死刑』は実話に基づく映画だった(ネタバレ注意)

この映画は2004年9月に福岡県大牟田市で発生した、「大牟田4人殺人事件」という強盗殺人・死体遺棄事件の話です。

これを死刑囚として投獄中の、次男が書いた手記「我が一家全員死刑 福岡県大牟田市4人殺害事件『死刑囚』獄中手記」が基になっています

この事件、借金を抱えた両親が、長男(当時23歳)と次男(当時20歳)の2人の子供を巻き込んで、資産家の家族からお金を奪う計画を企て、資産家の家族1人を殺害してしまいます。

そこから次々と資産家の家族2人と、家族の長男の友人1人、計4人を殺害し、死体を遺棄します。

家族は4人とも逮捕され、最後は全員死刑が確定します。

この時の弁護人は、国選弁護人や私選弁護人がついていたようですが、次々と辞任してしまって誰も引き受けてもらえず、あみだくじで選ばれたという噂もあったようです。

そりゃそうでしょうね、こんな凶悪犯をどうやって弁護すればいいのかと思います^^;

この次男、2006年には死刑が確定しているんですが、2013年に支援者の女性と獄中結婚までしてるんです!死刑囚と獄中結婚する人っていったいどんな人なのか、気になります^^;

『全員死刑』実話に基づく映画!主演間宮祥太朗がかっこよすぎる!

出典:(C)2017「全員死刑」製作委員会

この事件なんですが法廷内で、被告同志が口論したり(ホントに、どうしようもないですね^^;)、遺族に暴言を吐いたり、刑務官に殴りかかったり、すごく非協力的だったようで、詳細が明確になっていないところが多く残っていて、未だに真相が解明されていないんだそうです。

主演の間宮祥太朗がかっこよすぎる!

さてこの映画の主演となる間宮祥太朗さんですが、主人公である次男のタカノリ役です。

長男のサトシ役を毎熊克也さん、父親役を六平直政さん、母親役を入絵加奈子さん、タカノリの彼女役を清水葉月さんが演じます。

その他にも、落合モトキさん、藤原季節さん、鳥居みゆきさんもキャスティングされています。

間宮祥太朗さんは殺人犯という役だけに、髪は金髪オールバックで、背中から胸に龍のタトゥーを入れた姿を披露してます。

公開された劇中写真を見ると、ほんとにヤバイ人って感じなんですが、めちゃくちゃかっこいいです^^;

『全員死刑』実話に基づく映画!主演間宮祥太朗がかっこよすぎる!

出典:(C)2017「全員死刑」製作委員会

ちなみに、この主人公タカノリは(長男のサトシもなんですが)、いちお元力士なんですよね…

死刑囚の次男は、中学卒業後に松ケ根部屋に入門しています。身長173cmで142kgだったそうなので、身長は間宮祥太朗さんが179cmなのでそこはいいとしても、この役としては間宮祥太朗さんは、すらっとしすぎてる気がしますね^^;

まとめ

この残虐で恐ろしい実話も気になりますが、その残忍な死刑囚を間宮祥太朗さんがどう演じるのか、見どころだと思います。

この監督である小林勇貴さんは、本物の地元の不良たちにインタビューして、その実話をもとに、本人たちを起用して撮影した「孤高の遠吠」というバイオレンスムービーで有名になった人です。

間宮祥太朗さんも、公式ホームページで「この映画は風刺ではなく狂悪エンターテインメントです」とコメントしています。

間宮祥太朗さんのコメントを読んでいると、どっぷりと小林優貴監督のバイオレンスムービーの世界に漬かっているのが分かります^^;

この映画は2017年11月18日公開です!楽しみですね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする